なるべく安く治療をするには

真性包茎やカントン包茎の場合は治療が絶対に必要になりますが、仮性包茎の場合はそれ自体は病気でもなんでもないので、別に放っておいても特段の問題はありません。
しかし、コンプレックスを解消したいといった理由から包茎を治したいと考えている仮性包茎の人も多いでしょう。
包茎を確実に治療したいならば病院で手術をうけるのが一番良い方法ですが、仮性包茎の場合は治療行為に当たらないため保険が適用されないというのが大きな問題です。
真性包茎やカントン包茎の場合は保険が適用されるため手術の費用は数万円で済みますが、仮性包茎の場合は最低でも10万円程度かかりますし、それ以上の病院もたくさんあります。
仮性包茎の治療にそれだけのお金を使うのはもったいないと考える人も多いでしょう。
そんな時には矯正グッズなどを利用して包茎治療を行うというのもひとつの方法ではないかと思います。
最近は包茎を矯正するグッズがたくさん販売されています。
手術をするよりもかなり安上がりなので、なるべくお金を掛けたくないという人には適した方法でしょう。
矯正器具として代表的なものに、矯正リングがあります。
これは包皮をむいた状態で陰茎にリングをはめて亀頭を露出した状態を保持するもので、亀頭が刺激を受けることで包茎が治ることがあります。
また、包茎矯正下着というものもあります。
これは下着の中に矯正器具が取り付けられているもので、リングと同様に亀頭を常時露出させることで包茎を治療するものです。
この他にも接着剤タイプのものなどもあります。
ただし、矯正器具はだれにでも効果があるという性格のものではありません。
効果が期待できるのは軽度の仮性包茎の人に限られます。
また、器具を使用することで陰茎を傷つけてしまったりする可能性もありますから、使用には十分に注意をしましょう。
「器具にお金をかけるのも勿体無い」というならば、自分の体だけを使って包茎を治療する方法もあります。
たとえば陰茎の血流を増やすために陰茎マッサージするというのもひとつの方法ですし、なるべくこまめに亀頭を露出させるというのもひとつの方法です。
これなら費用はまったくかかりません。