包茎治療を受けるメリットについて

私は、昨年の暮れごろに包茎治療を受けました。
手術に要する費用が結構高額になってしまいましたが、今振り返ると間違いなく受けて良かったと感じています。
包茎には数種類あり、私はその中でも仮性包茎といって、必ずしも治療を受ける必要はない軽度のものでした。
真性包茎など、是非治療を受けておく必要のある状態とは異なっていましたので、もっと前から自分が包茎であるという自覚があったにも関わらず放っておきました。
治療費が高かったことと、手術に対する恐怖心が強かったことがその要因です。
しかし、手術の手法としてリスクが少ないものがあることを知りました。
それは、余った包皮を切除するのでなく、人工的にたわませることで亀頭を露出させる処置です。
これだと、切除に対する心配がなく、なんとなく安心だったので、恐怖心の問題はこれで解消されました。
治療費が高いことは否めませんでしたが、思いきって治療を受けることにしました。
処置の跡がどれほど残るか心配していましたが、ほとんど目立つことなく処置が終わったので、大変満足しています。
包茎治療を受けるメリットは、不潔な状態を解消できることも大きいですが、何といっても包茎に対するコンプレックスを解消することができる点にあると思います。
自分が包茎だと、裸になる時は周りの目を気にしながらとなってしまいますが、包茎が治るとそんな気持ちがなくなったため、堂々と裸になることができるようになりました。