保険が適用される時、されない時

最近は優れた包茎矯正器具もいくつか販売されていますが、安全に確実に包茎を治療するならば包茎手術がもっとも良い方法です。
包茎手術を受けるにあたって一番気になるのが料金の問題だと思いますが、包茎手術というものは一生に1回だけのものなので誰もが初めての経験となりますから、料金の相場がどのくらいかということが分かりにくいものです。
はたして包茎手術の料金の相場とはどのくらいなのでしょうか。
まず、包茎の種類によって手術料金が異なります。
包茎には「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3種類があります。
このうち、真性包茎やカントン包茎は放っておくと健康上に問題があるため病気として認定されるので、治療には保険が適用されます。
一方、仮性包茎は病気として認定されないため保険が適用されません。
ですから、症状としてはより重い真性包茎やカントン包茎は5万円以内で手術できますが、症状の軽い仮性包茎の場合は料金が10万円を超えてしまいます。
ただし、真性包茎やカントン包茎の治療のすべてに保険が適用されるわけではないので注意が必要です。
包茎の治療に保険が適用されるのは「泌尿器科での治療に限定される」ということです。
たとえ真性包茎やカントン包茎の治療であっても、包茎専門のクリニックでの治療には保険は適用されません。
そう考えると「専門クリニックで治療を受けることはバカバカしい」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
まず、泌尿器科での手術はあくまで治療として行われるため、仕上がりが良くないことがあります。
専門クリニックですと、切除部分の傷が目立たないような配慮があったり、縫合部分をうまく隠してくれたりするのですが、泌尿器科での手術はそのような配慮をしてくれません。
手術後のことを考えると少し料金が高くても専門クリニックで手術を受けるといういう選択肢も十分に考えられます。
また、保険の適用以外でも、手術の料金は縫合に使われる糸が通常のナイロン糸か、抜糸の必要ない吸収糸かによっても料金が変わりますから、相場というものはなかなか決めづらいのですが、料金の安さだけでなく自分に合った手術法を選ぶようにしましょう。