包茎治療をしたおかげで、人生が変わってよかったです

普通にカップルが街を歩いていると、ほとんど人が羨ましいといいますし、余裕がある人でも、悪い印象を持つことはありません。
さらに、男性は強く異性を求めて、努力している印象があります。
女性のほうは、人々に愛されたいという受身の努力であり、男性とは質が違うといます。
こんな、ごく当たり前の幸せが、私にはありませんでした。
なぜなら、それは包茎だったからです。
包茎だと皮の部分に恥垢が溜まりますし、自分のペニスが臭いとなると、自信を持って女性に声もかけられません。
さらに、亀頭が覆われていて、かっこ悪いんじゃないかとか、普段むき出しじゃないので、感度が強すぎて自分は早漏なんじゃないかとか、色々なコンプレックスが私を襲ってきます。
そのせいで、誰もがいいことであると認める、女性と一緒に行動する事や、女性に対してアプローチをするという、ごく当たり前のことができていなかったのです。
それどころか、女性を避けている自分すらいましたね。
そこで、思い立って包茎治療をする事にしました。
若干の不安はありましたが、現在のように不安を抱え続けるのも嫌ですし、インターネットで調べると、経験の豊富なところを選べば、失敗の確立がかなり少ないことや、専門のクリニックならきれいに仕上げてくれるなど選択肢が多い事、さらには責任を持ってプライベートを守ってくれることや、ドクターはもちろん、スタッフまで男性で統一しているクリニックがある事を知り、踏み切ったのです。
実際に、包茎治療をしてよかったことは沢山ありました。
一言でいえば、人生が変わったことですね。
自信を持って女性にもアプローチできますし、セックスの時でも大きいとか、立派だとか言われて、本当に嬉しいです。
反対に、包茎治療をしていなかったと思うと、ぞっとしますね。
見た目だけでなく、清潔で持続力が長く、感度が良すぎないというのもいいですね。
ひとつのコンプレックスが無くなれば、仕事でも自信が付き、ほんとうによかったです。